画像加工屋|gazoukakouya.comとは 

写真の加工・修正はおまかせください!
プロの手作業による高品質にも関わらず、圧倒的な低価格。
画像加工・写真修正・切り抜きなど激安サービスを提供いたします。

『画像加工屋』は、デジカメやスマホの写真データなどの切り抜きや各種加工・修正処理といった面倒で手間のかかる作業を、お客様に代わり素早く、丁寧に、高品質でかつ低料金で行うサービスです。
仕上がりがキレイではない画像加工・修正では意味がありません。
弊社の画像加工・修正は、一つひとつプロによる手作業で行い、その仕上がりは高精度な印刷にもしっかりと耐える品質です。
ブログやネットショップに写真をアップしたいけどうまく写真の加工ができない方、またカタログなど大量の画像加工が必要だけど締め切りまで時間がないといった企業様のご要望にも柔軟に対応させていただきます。

画像加工屋|gazoukakouya.com 他社サービスの違い

業界最速の納期

最短半日でご納品。もちろん1点からでも承ります。
11時までに入稿しておけば、最短で当日の18時までに納品可能。
お急ぎの案件に対応できます。

ハイクオリティー

プロの手による丁寧な作業。加工・修正に気づかない自然な仕上がりがポイントです。
プロのレタッチャーによる手作業での加工は、自然な仕上がりを実現します。
スマホのアプリなどではできないその仕上がりをご体験ください。

安心の低価格

画像切り抜き、業界最安69円〜! 高い品質のまま低価格を実現しました。
日本国内の提携企業との共同オペレーションにより短納期・高品質に加え、驚きの低価格を実現しました。

万全のセキュリティー

低価格でありながら、日本国内での加工・修正作業を実現。
プライバシーの情報も含まれる写真・画像。
業界に先駆けて、しっかりとした個人情報保護管理体制の証『プライバシーマーク』を取得していますので、安心してデータをお預けいただけます。

画像加工屋|gazoukakouya.com 写真・画像加工

どんなに難しい画像処理もおまかせ下さい! お客様のニーズを私たちが実現します。

あらゆるシーンで活用される写真。スマホやデジタルカメラで撮った写真は少し加工・修正を加えるだけでより魅力的に見せたり、美しく見せることが出来ます。画像加工屋ではそのお手伝いをいたします。

キズなどを消す

色褪せ、破けた写真の復元やキズや質感を直す写真加工

ほくろ・ニキビ消し

ほくろ、にきび消し、目の下のクマ消し、シワを薄くする、肌や目元を綺麗にする画像加工

部分的な色の変更

パーツごとに色や形を変えられる画像加工

  • 色や明るさを直す
  • 肌をきれいにする
  • キズを取り除く
  • 画像合成
  • その他各種画像加工

画像加工屋|gazoukakouya.com 切り抜き加工

案外手間のかかる画像の切り抜き。
低価格・短納期で切り抜き作業を代行します!

通販サイト・DTP・出版印刷関連・デザイナーのみなさまに朗報!
通販サイト・カタログ・雑誌など大量の写真・画像切り抜きを代行します。
業界最速の納期、業界最安の価格に加え、プロの手による高品質。
証明写真・プロフィール写真の切り抜き加工にもご好評いただいています。

各種オプションもご用意しています。

  • 背景塗りつぶし
  • トリミング(画像の一部切り出し)
  • リサイズ
  • 影付け
  • RGB→CMYK変換
  • ファイルフォーマットの変換
  • 解像度変更
  • リネーム
  • メディア納品

画像加工屋|gazoukakouya.com 遺影写真加工

葬儀社様・写真店様に朗報!!
業界最速・最安値
なんと、遺影額縁付で
送料無料!

遺影写真製作・高度な加工技術で信頼の画像処理実績
遺影写真は、背景の差換えを含んだ安心の統一価格です。
365日・24時間 遺影写真の受付をしております。
メールにて確認サンプルの承諾後に、最終制作になりますので安心しておまかせください。

画像加工屋|gazoukakouya.com 電子ブック・電子カタログ作成

雑誌・カタログ・パンフレット 〜 既存の商品をもっと活かせる 〜
あらゆるコンテンツを電子ブック化
おかげさまで制作実績300社以上

電子ブックは、デジタルカタログ、デジタルブック、e-bookなど様々な名称で呼ばれていますが、「今まで見慣れている本の見え方をWebの世界でも実現する」というコンセプトで作成されたもので、Web上でページをめくるように、実際の本と同様のイメージを再現します。
さらに、文章を検索したり、付箋やコメントをつけることが可能になります。
また、その他の使い方では、紙媒体の電子化によるコスト削減や新しいマーケティングツールとして使用されたり、 最近では出版と直接関係のない企業でも「紙のデータを2次利用することでWeb作成の手間・コストを削減できる」といった形で利用され始めてきています。